ながつま歯科クリニック - 大阪富田林の歯医者、歯科医院 MTコネクターを扱っています。

従来の治療法の比較

比べれば分かるMTコネクターの画期的な特性。

MTコネクターは、簡単に言えば、患者さんから寄せられる「様々な入れ歯の悩み」を一つ一つ解消していく間に完成した、フィット感の高い「クラスプ(バネ)のない新しい入れ歯」です。但し、その技術特性として、欠損歯の治療という大きな歯科的カテゴリーに際し、「入れ歯」のみの利用ではなく、様々な欠損歯に対応出来る事が分かりました。ブリッジ同様に装着感が高く、モノが噛め、審美性が高い。そして入れ歯同様に治療の幅や範囲が広い(様々な症状に対応可能)、そしてインプラントより手軽で確実・・・。MTコネクターは言わば「ブリッジ」「入れ歯」他の良い所だけを引き継ぐ、新時代の治療方法なのです。

従来、日本で受けられた代表的な「欠損歯治療」と、
MTコネクターを比較してみましょう



欠損歯治療で最も一般的に行われる治療方法です。数多くの欠損歯に対応出来ますが、保険診療の入れ歯は大量生産の規格物であることを含め、痛い・外れる・噛み心地が悪いなど、装着感の問題があるケースもあり、結果的に何回も作り直すなどの事例も見受けられます。また、クラスプ(バネ)の存在で、入れ歯とすぐ分かる審美性の問題、そして固定方法的に歯茎の健康に影響がある・・・などの機能性の問題もあります。



少数の欠損歯の場合で最もポピュラーな治療法です。MTコネクター同様、歯医者さんが的確な処置を施せば機能的にも審美性的にも問題はありません。但し、両側の歯が健康でないと処置が難しい、健康な歯も削ることになる場合がある、支える歯に負担がかかるなど、適用範囲にやや制限があり、耐久性に掛ける部分もあります。MTコネクターであれば、ブリッジの自然さと入れ歯の汎用性が両立可能です。



近年一般化しつつある、歯茎の骨に土台を作り、新しい歯を埋める治療法です。半永久的に使用可能と言われ、抜けた歯の外観と機能を、自分の歯に近い審美性と噛み心地で頑丈に修復できます。 但し、歯茎の骨への加工が必要になるため、現状復帰は難しい部分があり、歯を抜くとの同じ程度の手術が必要になります。また診査の結果、インプラント治療が行えない場合もあり、入れ歯やブリッジに比べると治療費が高くつきます。


装着感
機能性
美観
治療性
メンテナンス
歯茎への影響
入れ歯






部分入れ歯






ブリッジ






インプラント






MTコネクター







※1本だけ健康な歯が残っていればMTコネクターが装着できます。

全てのマイナスポイントを払拭する究極の快適義歯=MTコネクター。


特許が認められた高い技術力
このように優れた特性をもつMTコネクターは、従来の入れ歯とは異なる技術として、平成16年12月に特許が下りています。<特許権者(株)大阪医師センター 特許題3626752号>
誰も思いつかなかった、クラスプ(バネ)のない画期的な義歯。従来の入れ歯にはなかった快適なフィッティング。そして欠損歯治療に対する優れた対応性。近い将来、現在の入れ歯は過去のものになり、MTコネクターが新しい常識になっていきます。





ながつま歯科クリニック
〒584-0032 大阪府富田林市常盤町1-8 富田林センタービル2F
0721-23-5416

Copyright (c) Nagatsuma Dental Clinic All Rights Reserved.